親や家族に頼れない若者・子どもからの相談、ひきこもりについての相談窓口

『路上脱出・生活SOSガイド』東京23区編より

親や家族などに頼ることができず、周囲の誰にも相談できないことがある若者や子どもが安心して相談できる窓口、ひきこもりや人間関係に悩む子どもやその家族からの相談窓口です。

児童福祉施設を退所した方

アフターケア事業ゆずりは(社会福祉法人子供の家)

児童福祉施設(児童養護施設、自立援助ホーム、養育家庭など)を退所した方で、生活や仕事上の問題を相談することができず困っている方が利用できます。相談は無料ですが、事前に電話かメールで面談の日時を予約する必要があります。
施設退所後のアフターケアに特化した相談窓口なので、事情を理解したうえで相談に乗ってもらうことができます。

【お問い合わせ】
電話:090-9640-0177
メール:contact@asunaro-yuzuriha.jp
ホームページ:http://www.acyuzuriha.com/

虐待やDV・いじめを受けている若者・子ども

社会福祉法人 カリヨン子どもセンター

保護者による虐待や、パートナーからのDVなどの問題を抱え、帰る家や行き場のない10代後半の男女のために、衣食住や生活費の心配がないシェルター(個室)を提供しています。温かいスタッフ、担当弁護士がつき、法律上も守られながら将来の選択肢について考える時間が得られます。

【お問い合わせ】
電話:03-6458-9120
ホームページ:https://blog.goo.ne.jp/carillon-children-center

子どものための逃げ場(シェルター)が必要な場合は…
〇東京弁護士会 子どもの人権110番
電話:03-3503-0110
(平日13時半~16時半、17~20時、土曜日13~16時)
ホームページ:https://www.toben.or.jp/bengoshi/center/tel/children.html

子どもの人権110番(法務局)

学校でのいじめ・体罰・児童虐待など、子どもの人権問題についての相談を受け付けます。

【お問い合わせ】
電話: 0120-007-110
(平日8時半~17時15分)
ホームページ:http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken112.html

ひきこもりや仕事・人間関係に悩む若者やその家族

東京都ひきこもりサポートネット

ひきこもりに悩むご本人やご家族などからの相談を電話またはメールで受け付けています。 相談員がご自宅にうかがう訪問相談も行っています。
※詳細はホームページをご覧ください。

【お問い合わせ】
電話:0120-529-528
(月~金曜日10~17時※年末年始・祝日を除く)
ホームページ:https://www.hikikomori-tokyo.jp/

東京と若者総合相談センター 若ナビα

若者やそのご家族等を対象とした無料相談窓口です。仕事の事、人間関係、不安や孤独など、どんな悩みでもご相談ください。必要に応じて、一人ひとりにあった専門の支援機関(教育、雇用、福祉、保健、医療など)をご紹介します。まずは、電話、メールにてご相談ください。その後、ご本人やご家族からの申し出や相談員の判断により、来所相談も行っています。
※詳細はホームページをご覧ください。

【お問い合わせ】
電話:03-3267-0808
(月~土曜日11~20時※年末年始を除く)
ホームページ:https://www.wakanavi-tokyo.metro.tokyo.lg.jp/


※とにかく生きるのが辛いという時は、こちらでもご相談いただけます。


路上生活・ネットカフェなどで過ごしている方へ

暮らしを立て直したい方へ

様々な悩みを誰かに相談したい、話を聞いてほしい方へ

『路上脱出・生活SOSガイド』東京23区編
(2019年7月15日改訂2版)


上記の内容はPDFファイルでもご利用いただけます。
PDFで見る・保存する・印刷する (PDF: 2,602KB)

「路上脱出ガイド」をご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします。

お名前・ご住所・冊数など、必要事項をフォームにご入力のうえご請求ください。
※着払い送料(ゆうメール等)のみご負担をお願いいたします。

※ビッグイシュー基金の活動は、寄付参加、ボランティア活動など、市民のみなさまのご参加・ご協力で成り立っております。私たちと一緒に様々な人達の自立を応援してくださいませんか?

応援・参加するには

寄付をする(寄付金控除あり)