ビッグイシュー基金とは

団体概要

理念・ビジョン

ビッグイシュー基金は

  • ホームレスの人たちを中心に困窮者の生活自立応援
  • ホームレス問題解決のネットワークづくりと政策提案
  • ボランティア活動と市民参加

の3つの事業を柱に、各種のプログラムを通じて、貧困問題の解決と、「誰にでも居場所と出番のある包摂社会」の形成を目指します。

設立の経緯

2003年5月、ビッグイシュー基金の母体である有限会社ビッグイシュー日本が設立されました。
同社は「ホームレスの人々の救済ではなく、仕事を提供する」ことを目的に雑誌を作成し、路上で販売してもらい、その売り上げの50%以上を彼らの収入にする、という事業に取り組む社会的企業です。その後約4年の活動を通して、ホームレスの人々の自立には、就業を含めた総合的なサポートが必要であると考え、2007年9月に非営利団体ビッグイシュー基金を設立し、2008年4月にNPO法人の認証を受けました。
※2012年7月1日国税庁より認定NPO法人に認定、2017年3月27日には大阪府より認定NPO法人に認定。

組織と運営

ビッグイシュー基金は総会と理事会を持っており、事業の方針や予算など運営に関する重要事項はここで決定されます。総会・理事会のもとには事務局がおかれ、実際の運営は事務局スタッフによって行われます。そして、事務局の活動を資金面で支えてくださるのが市民応援会員、企業・団体『社会再生』サポーターのみなさまです。また、2012年9月より新たに5つの寄付メニューを追加し、多くの寄付者のみなさまにもご支援・ご協力いただいています。他にもボランティアのみなさまなど、たくさんの人たちの協力でビッグイシュー基金の土台がつくられます。

役員

理事長


佐野 章二
(有限会社ビッグイシュー日本 共同代表)

1941年大阪生まれ。大学卒業後、都市計画プランナーなどの仕事を経て独立し、地域調査計画研究所を設立。その後、NPO法制定の基礎調査をはじめ、日本各地のNPO支援センターの立ち上げを支援。2000年代からは、ビジネスによる社会問題の解決を提案。

2001年NPO「シチズンワークス」を設立、『ビッグイシュー日本版』発行のアイディアを生む。2003年5月有限会社ビッグイシュー日本を設立、共同代表に就任。(photo浅野カズヤ)

副理事長


米本 昌平
(東京大学客員教授)
科学史家。1946年、名古屋市生まれ。京都大学理学部卒業後、証券会社で働きながら、科学史を独学。1976年に三菱化成生命科学研究所に入所し、その後、科学技術文明研究所長、東京大学先端科学技術研究所などを経て、現在に至る。趣味は登山。

理事


稲葉 剛
(立教大学大学院特任准教授/一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)
1969年広島県生まれ。94年より、路上生活者を中心とする生活困窮者の支援活動に取り組む。2014年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者向け住宅支援事業に取り組んでいる。著書に『ハウジングファースト』(共編著、山吹書店)、『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)など。個人サイト http://inabatsuyoshi.net/


井上 英之
(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘准教授/一般社団法人 INNO-Lab International 共同代表)
2001年よりNPO法人ETIC.にて、日本初の、ソーシャルベンチャー向けプランコンテスト「STYLE」を開催するなど、若い社会起業家の育成・輩出に取り組む。03年社会、起業むけ投資団体「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京」を設立。05年より、慶応大学SFCにて「社会起業論」などの社会起業系の授業群を開発。「マイプロジェクト」と呼ばれるプロジェクト型の学びの手法は、全国の高校から社会人まで広がっている。09年、世界経済フォーラム「Young Global Leader」に選出。近年は、マインドフルネスとソーシャルイノベーションを組み合わせたリーダーシップ開発に取り組む。


枝元 なほみ
(料理研究家)
小劇場の役者から料理人に。お金のない生活、居候生活なども経験済みゆえ、貧困やホームレス問題が人ごとに思えない。
料理を仕事にしてからはだんだんと<飢えない>ということを根底に考えるようになった。農業などの生産現場とキッチンを結びたいと、<チームむかご>という一般社団法人を立ち上げる。http://mukago.jp


中川 康生
(ビッグイシュー基金プロボノ)
1951年大阪府吹田市生まれ。1970年高校卒業後、石油精製会社の現場に就職。入社直後、労働組合幹部の懲戒解雇をめぐる長期労働争議に直面、組合分裂するが、少数第一組合に留まる。2011年定年退職後約1年間、「ビッグイシュー基金」から「せんだい・みやぎNPOセンター」へ東日本大震災のボランティアとして仙台に派遣される。2015年「ビッグイシュー基金」プロボノとして従事し、2017年理事就任。


蛭間 芳樹
(野武士ジャパンコーチ/世界経済フォーラム ヤング・グローバル・リーダー2015)
1983年埼玉県生まれ。世界経済フォーラム(ダボス会議)ヤング・グローバル・リーダー2015、「ホームレス・ワールドカップ」の日本代表チーム「野武士ジャパン」のコーチ・監督など活動は公私ともに多岐に渡る。著書に「ホームレス・ワールドカップ日本代表のあきらめない力」(PHP研究所)など。


水越 洋子
(『ビッグイシュー日本版』編集長)
奈良県生まれ。奈良県庁職員、保育士、地域調査計画研究所研究員、シチズンワークス事務局長を経て、2003年5月に有限会社ビッグイシュー日本を設立、共同代表・編集長に就任。同年9月、ホームレスの仕事をつくり、自立を応援する雑誌『ビッグイシュー日本版』を創刊。

監事


木原 万樹子
(木原法律事務所弁護士)
1974年5月大阪府豊中市生れ。1996年3月京都大学経済学部卒業。京都大学経済学部経済動態分析学科博士課程を中退するまで、教育財政の研究。2004年10月大阪弁護士会登録して、父と木原法律事務所経営。大阪弁護士会では、人権擁護委員会ホームレス問題部会・社会保障部会、刑事弁護委員会、ひまわり等の委員会に所属。ホームレス法的支援者交流会代表。NPO法人 フォロ、こどもの里の監事。社団法人 Hippo.理事、ミモザ代表理事。

相談役


雨宮 処凛
(作家)
作家・活動家。1975年生まれ。主に貧困や生きづらさの問題に取り組む。著書多数。
公式サイトhttp://amamiyakarin.com/

会計・年次報告

PDF形式でご覧いただけます。

貸借対照表の公告