東京都23区内の行政による衣服・食料・交通費などの応急援護内容

『路上脱出・生活SOSガイド』東京23区編より

23区内の福祉事務所応急援護内容

各区では、法律に基づいたサービス以外に独自にさまざまなサービスを行っているところもあります。

「食べるものがない」「着るものがない」「お金がなく電車に乗れない」など生活にお困りの方はご相談ください。

※2018年10月時点で確認の取れた情報を掲載しています。
※各区の福祉事務所の電話番号、住所、最寄駅は「東京都23区の福祉事務所一覧」をご覧ください。
※この表の支援内容のほか、各区では必要に応じて緊急一時保護センターの案内を行っています。

(23区50音順)

区名食料衣料・日用品交通費等その他・備考
足立区
荒川区相談により
板橋区1人につき月1回、クラッカー 一袋寄付があれば支給300円以内の実費(用 途は仕事先への交通費)
江戸川区乾パン交通費300円 (月に1回)具合が悪い人は特診 券を渡して医療機関へ
大田区簡易食料を渡せるこ ともあり相談により支給
葛飾区援護金(就職など 目的が明確な場合、 緊急度によって上限 1000円の中で支給)
北区都バス、都電、JR の乗車券(およそ 300円圏内)路上生活者結核検 診案内(毎月)
江東区クラッカー (必要に応じて)必要に応じて 原則200円まで
品川区カロリーメイト乗車券(求職活動 で大井町から横浜 /池袋/南千住間)
渋谷区クラッカー (月~金)随時回数券(通院と就職の目的のみ)月 1回
新宿区乾パン 必要に応じて 相談により貸付相談所『とまりぎ』
月~金、相談 9 時~ 15時
但し火水木は9~12時、シャワー/9 時~15時半、 各種専門相談( 健康、借金、アルコールや薬物、ギャンブル等の相談/月1回程度実施)
杉並区その時々 相談により相談により
墨田区乾パン都バス回数券 (2枚上限)
世田谷区おかゆ缶・ビスケットバス、電車の回数券 または 500円を上限に現金
台東区相談により貸付
中央区ビスケット・ 缶詰(週に1回)勤務先までの交通費:310円を上限(月に1回)
千代田区乾パン就労先への乗車券都営 220 円・メト ロ200円(どちらか月1回)
豊島区寄付があれば支給
中野区乾パン相談により
練馬区クラッカー (相談により)500円を上限と する実費 (相談により貸付)
文京区寄付があれば支給240円を上限とす る乗車券 (月 1回)
港区カロリーメイト (月1回)  切符(相談内容により)
目黒区クラッカー、アルファ米 (月1回)衣料品:寄付があれば支給、日用品:石けん・タオルの支給回数券 (就労等の目的のみ)


路上生活・ネットカフェなどで過ごしている方へ

暮らしを立て直したい方へ

様々な悩みを誰かに相談したい、話を聞いてほしい方へ

『路上脱出・生活SOSガイド』東京23区編
(2019年7月15日改訂2版)


上記の内容はPDFファイルでもご利用いただけます。
PDFで見る・保存する・印刷する (PDF: 2,602KB)

「路上脱出ガイド」をご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします。

お名前・ご住所・冊数など、必要事項をフォームにご入力のうえご請求ください。
※着払い送料(ゆうメール等)のみご負担をお願いいたします。

※ビッグイシュー基金の活動は、寄付参加、ボランティア活動など、市民のみなさまのご参加・ご協力で成り立っております。私たちと一緒に様々な人達の自立を応援してくださいませんか?

応援・参加するには

寄付をする(寄付金控除あり)