若者・こどもが相談したいとき:虐待や家庭内の悩み、ひきこもりなどの大阪の相談窓口

『路上脱出・生活SOSガイド』大阪編より

親や家族などに頼ることができず、周囲の誰にも相談できないことがある若者や子どもが安心して相談できる窓口、ひきこもりや人間関係に悩む方からの相談窓口です。

  1. 虐待などで家庭に居場所のない子どもの相談先
  2. ひきこもり・若者の相談先


※ 団体や相談先の情報については、それぞれのガイドが作成された時のものになります。最新情報になっていない場合もございますので、予めご了承ください。

1.虐待などで家庭に居場所のない子どもの相談先

虐待などで家に帰れない、ネットカフェや友達の家を転々、バイト代を親にとられる、親や彼氏・彼女からの暴力・暴言が辛いなど、行き場がなく悩みを抱える子どもたちが相談できる場所があります。

NPO法人子どもセンターぬっく

虐待などにより居場所のない子ども(義務教育を終えた10代後半の女子)のためのシェルター(緊急避難の家)を提供しています。24時間スタッフらが居ます。また、一人ひとりに弁護士が無料でつき、次の居場所や今後の生活などについて一緒に考えます。

【居場所のない子ども110番】 ※通話料無料
0120-528-184
受付時間:月~金 10:30~17:30(祝日、お盆、年末年始をのぞく)

※主に10代の子ども(性別問わず)の居場所や親子関係の調整などの相談を受け付ける子ども専用のフリーダイヤル。

居場所のない子どもを心配する大人の方は事務局へお電話ください。

【事務局への相談】
大阪市北区西天満4-1-4
第三大阪弁護士ビル503号(葛城・森本法律事務所内)
電話:06-6355-4648
メール:kodomo@nukku.info
ホームページ:https://www.nukku.info/

NPO法人こどもの里

西成区にある、乳児、幼児、小中学生、15歳以上の青年、「健常」児、障「がい」児者、国籍などの区別なく、誰でも利用できる居場所です。子どもだけでなく保護者からの相談も受けており、緊急避難のための一時宿泊や親元を離れて暮らすための生活の場『ファミリーホーム』、10代後半の若者のための生活の場『自立援助ホーム』、子どもが自由にあそべる場なども運営しています。

【連絡先】
大阪市西成区荻之茶屋2-3-24
電話:06-6645-7778(本部)06-7508-1238(自立援助ホーム)
メール:kodomo-no-sato@hera.eonet.ne.jp
ホームページ:https://www.eonet.ne.jp/~kodomonosato/

2.ひきこもり・若者の相談先

大阪市 ひきこもり相談窓口専用電話

電話:06-6923-0090
時間:月~金曜日(祝日・年末年始除く)10:00~17:00
対象:大阪市内にお住まいでひきこもっている方とそのご家族など
・長期に自宅で過ごしている
・家から出られない状態で、抜け出すきっかけがつかめない。など

認定NPO法人D×P「ユキサキチャット」

不登校・中退・ひきこもり状態・働きづらい・お金の不安を抱えているなど、いろいろある13歳~19歳のための相談窓口です。LINEアプリから、チャットで進路・就職などの相談ができます。また、親や家族に頼れず困窮している方や家を追い出されたなど緊急の場合は食糧支援や現金給付も行っています。
※食糧支援・現金給付は25歳までの方が対象。支援内容が変わることがあります。最新情報はホームページをご確認ください。

【連絡先】
メール:info@dreampossibility.com
ユキサキチャットホームページ:https://www.dreampossibility.com/yukisakichat/

食糧支援・現金給付について:https://www.dreampossibility.com/news/5362/

大阪で路上に出てしまったとき 路上脱出のための情報

くらしを立て直したいとき 生活再建のための情報

悩みや困りごとを相談したいとき SOSを出すための情報

 

『路上脱出・生活SOSガイド』大阪編(2022年8月1日改訂3版)


上記の内容はPDFファイルでもご利用いただけます。
PDFで見る・保存する・印刷する (PDF:4,172KB)


「路上脱出・生活SOSガイド」をご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします。

お名前・ご住所・冊数など、必要事項をフォームにご入力のうえご請求ください。
※着払い送料(ゆうメール等)のみご負担をお願いいたします。

※ビッグイシュー基金の活動は、寄付参加、ボランティア活動など、市民のみなさまのご参加・ご協力で成り立っております。私たちと一緒に様々な人達の自立を応援してくださいませんか?