ひきこもりや虐待、DVなど家庭内の悩みについて:大阪の相談窓口

『路上脱出・生活SOSガイド』大阪編より


※ 団体や相談先の情報については、それぞれのガイドが作成された時のものになります。最新情報になっていない場合もございますので、予めご了承ください。

1.ひきこもり・若者の相談先

現在、ひきこもりの方は50万人を超えるとされています。この先、何年か後に行き場のなくなったひきこもりの方が、路上に出るのを防げるよう、一度相談してみましょう。

① 大阪市 ひきこもり相談窓口専用電話

電話:06-6923-0090
時間:月~金曜日(祝日・年末年始除く)午前10時~12時
対象:大阪市内にお住まいでひきこもっている方とそのご家族など
・長期に自宅で過ごしている
・家から出られない状態で、抜け出すきっかけがつかめない。など

【お問い合わせ】
大阪市こころの健康センター(電話:06-6922-8520)

 

② 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会

ひきこもりなどの若者支援機関の情報がカテゴリー別(相談する/集まる・つながる等)にまとめられたマップサイトです。ご自身の状況や、お住まいの地域などに合わせて、相談先を検索してみてください。
ホームページ:http://hikimap.org/

【問い合わせ先】
電話:06-6616-9136(事務局 NPO法人ニューワークス)
土曜10:00~12:00 ※2017年9月時点
メール:mail@hikimap.org

2.あなたが女性の場合の相談先

大阪市内には、女性からの様々な相談に応じている相談場所があります。家庭の悩みやDV(家庭内暴力など)の悩みなどを相談できる場所があります。

① クレオ大阪 女性総合相談センター

悩みの電話相談:06-6770-7700
(火~土10:00~20:30/日・祝10:00~16:00)

② 大阪市配偶者暴力相談支援センター

DV専門相談電話:06-4305-0100 ※男性も相談できます。
(9:30~17:00、土・日・祝及び年末年始は休み)

③ NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西

シングルマザーのサポートをしています。子育てや仕事の悩みなど、同じ立場のシングルマザー同士が語り合える交流会「おしゃべり会」を開いています。また日々のお困りごとや、シングルマザーへの支援制度について電話相談や個別面談も受けつけています。

◎相談窓口(ソーシャルワーカーが対応します)
06-6147-9771(第2・第4金曜日15時~18時)
※個別面談希望の方は、事前予約が必要です

【連絡先】
〒531-0074 大阪市北区本庄東2-2-31新納ビル502
ホームページ:http://smf-kansai.main.jp/
電話/FAX:06-6147-9771
メール:smfkansai@orange.zero.jp

3.家庭に居場所のないこどもの相談先

虐待などで家に帰れない、ネットカフェや友達の家を転々、バイト代を親にとられる、親や彼氏・彼女からの暴力・暴言が辛いなど、行き場がなく悩みを抱える子どもたちが相談できる場所があります。

NPO法人子どもセンターぬっく

虐待などにより居場所のない子ども(義務教育を終えた10代後半の女子)のためのシェルター(緊急避難の家)を提供しています。24時間スタッフらが居ます。また、一人ひとりに弁護士が無料でつき、次の居場所や今後の生活などについて一緒に考えます。

【居場所のない子ども110番】 ※通話料無料
0120-528-184(月・木 午後4時~8時)
※主に10代の子ども(性別問わず)の居場所や親子関係の調整などの相談。
子ども本人からの相談だけでなく、居場所のない子どもを心配する大人からの相談も受け付けます。

【事務局への相談】
〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目1番4号
第三大阪弁護士ビル503号(葛城・森本法律事務所内)
電話:06-6355-4648(不在時は留守番電話に伝言ください)
メール:kodomo@nukku.info
ホームページ:http://www.nukku.info/

大阪で路上に出てしまったとき 路上脱出のための情報

どんなことがあっても大丈夫 生活再建のための情報

悩まないで、一人じゃない SOSを出すための情報

 

『路上脱出・生活SOSガイド』大阪編(2018年5月1日改訂2版)


上記の内容はPDFファイルでもご利用いただけます。
PDFで見る・保存する・印刷する (PDF: 3,376KB)


「路上脱出・生活SOSガイド」をご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします。

お名前・ご住所・冊数など、必要事項をフォームにご入力のうえご請求ください。
※着払い送料(ゆうメール等)のみご負担をお願いいたします。

※ビッグイシュー基金の活動は、寄付参加、ボランティア活動など、市民のみなさまのご参加・ご協力で成り立っております。私たちと一緒に様々な人達の自立を応援してくださいませんか?

応援・参加するには

寄付をする(寄付金控除あり)