講演・講義について

「学生が社会へ関心を持つきっかけに」
「企業のCSR・社会貢献活動や人材育成の一環として」
「市民・地域活動のヒントに」

ビッグイシュー基金では、多くの方に貧困問題・ホームレス問題や包摂的な社会づくりの重要性について知っていただくため、理事長・佐野章二をはじめ、ビッグイシュー基金のスタッフが全国の大学や、NGO、NPO、企業などで講演や講義を行っております。

講演テーマ例

■貧困・ホームレス問題と基金の取り組み
貧困問題やホームレス問題の現状、基金の取り組みについてお話します。

■生活自立応援プログラム
『路上脱出・生活SOSガイド』の配布・図書館配架での情報提供、当事者への健康、住宅、福祉などの相談活動など、現場で行われている生活自立応援プログラムについてお話します。

■ホームレス問題解決のためのネットワークづくりと政策提案事業
「現場も政策提案も」ホームレス当事者にとって、生きやすい社会をととのえるため、政策提案事業を行っています。
・ギャンブル依存症問題
・住宅政策提案とステップハウス
・若者ホームレス問題・若者政策提案

■スポーツ・文化活動の取り組み
ホームレスがなぜスポーツを? 人とのつながりとなり生きる喜びや意欲を回復する場となるスポーツ・文化活動。主にホームレスサッカーなどの取り込みについてお話しします。

■ボランティア活動と市民参加
・ボランティアプログラム、社会参加としての寄付、認定NPO法人と税制優遇など

理事長 佐野章二の講演・講義

佐野章二は上記のテーマの他、ビッグシュー基金立ち上げの経緯からこれまでの事業内容、今後のビッグイシュー基金の展開や社会のあり方など、広いテーマでお話できますので、お気軽にご相談ください。
プロフィール
佐野 章二(さの しょうじ)
1941年大阪生まれ。大学卒業後、都市計画プランナーなどの仕事を経て独立し、地域調査計画研究所を設立。その後、NPO法制定の基礎調査をはじめ、日本各地のNPO支援センターの立ち上げを支援。2000年代からは、ビジネスによる社会問題の解決を提案。2001年NPO「シチズンワークス」を設立、『ビッグイシュー日本版』発行のアイディアを生む。2003年5月有限会社ビッグイシュー日本を設立、共同代表に就任。(photo 浅野カズヤ)

ビッグイシュー基金スタッフによる講演・講義

ビッグイシュー基金のスタッフ(東京・大阪)が、高校・大学、その他の団体に向けて講演・講義も承ります。

お問い合わせ