ホームレスの人たちの声

ビッグイシュー基金が応援する人々〜ストリートからの声〜

田中英次さん

田中英次さん

福岡の天神で販売する田中英次さん(64)。田中さんはなんと大阪で開催されたビッグイシュー基金発足記念パーティーに参加するため、お金を貯めて福岡からはるばるやってきました!今回はそんなお祭り男の田中さんにインタビューしました。


―以前は大阪や京都でも販売していたことがあるんですね。

そうなんです。でも一度辞めて福岡に行ったんです。博多でぶらぶらしているとちょうどビッグイシューが福岡で始まったときで、大阪から応援に来ていたスタッフとばったり出会って・・・。それからずっと博多でビッグイシューを売って頑張っています。

―パーティーのために福岡から大阪まではるばる来られたそうですが!?

はい、以前大阪のパーティーに出たとき、とても楽しくて踊りまくりました。それで福岡で大阪のスタッフと会ったとき、「パーティーに絶対行くから!」と約束しました。頑張って貯金をして夜行バスでやってきました。

―今回のパーティーは楽しかったですか?

はい!踊りが好きなので、踊って騒いでとても楽しかったです。でも何より嬉しかったのは、大阪や京都でお世話になった人とまた会えたことかな。いろいろ迷惑をかけたけどとても感謝しています。

―今後の田中さんの目標は何ですか?

そうですね、やっぱり屋根のあるところに入りたいですね。目標は来年8月までにお金を10万円貯めて部屋に入ることです!あと野菜を食べること、無駄遣いをしないこと。僕はビッグイシューがないとだめになっちゃう。だからこれからもビッグイシューをどんどん売って盛り上げていきたいです。


愛すべきキャラクターの田中さん。温かい福岡のサポーターとお客さんに囲まれて、今日も念願のアパートに入るべく頑張っています!

pagetop
応援するには?寄付と会員のご案内 ビッグイシュー基金スタッフブログ 路上脱出ガイド全国各地で作成・配布中 若者をホームレスにしないために 被災地の路上から