社会的不利・困難を抱える若者応援ネットワーク展開事業

〜『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』の発行〜

ビッグイシュー基金では、2008年9月のリーマンショック後、40歳未満の”若者ホームレス”の急増に対応し、当事者50人の聞き取り調査や若者ホームレス会議の開催などを行い、それらの内容を『若者ホームレス白書』、『若者ホームレス白書②』にまとめて発行しました。これらの取り組みから見えてきたのは、若者ホームレスの問題と、ニート・ひきこもりの問題、障害者の問題、養護施設出身の子どもたちの問題、貧困の連鎖など、すべてが地続きであることでした。

そこで、2013年に「社会的困難を抱える若者応援ネットワーク委員会」を立ち上げ、ホームレスに限定せず、さまざまな民間支援団体と協力をしながら、社会的不利・困難を抱えた若者を分野やたて割りの垣根を越えて支援するネットワークづくりに取り組みました。そのネットワークづくりの基礎として、支援団体などにヒアリングをし、応援プログラムなどをまとめた『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』を2014年3月末に発行し、これまでに3500部を配布しました。(※2014年3月発行時点の内容ですので、プログラム内容が変更になっている場合があります)

『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』は、無料で配布しております(送料のみ着払いでのご負担をお願いいたします)。

若者ホームレス白書

社会的不利・困難を抱える
若者応援プログラム集

『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』
(カラー・A4サイズ・116P・2014年3月31日発行)

  • 首都圏で活動する団体の、若者を対象にした支援プログラム紹介
    (「学習支援」「自立準備」「住まい」「路上・不安定住居」「シェルター」「DV」「児童養護施設」「障害者就労」「就労」など)
  • カテゴリー別団体紹介
    (「居場所」「女性・性暴力被害者支援」「依存症・摂食障害」「外国人支援」「セクシュアル・マイノリティ」など)
  • その他
    (コラム・連携事例・相談先リストなど)


この冊子は独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業で作成しました。

【お申し込み方法】

ご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします(着払いにて、送料のみご負担をお願い致します)。
(1)ご希望の冊子名(2)お名前(3)ご住所(4)ご希望冊数を明記いただき、お申し込みください。

お申し込み・お問い合わせは、ビッグイシュー基金・東京事務所の代表メールか、FAX(03-6802-6074)までお願いいたします。

※冊子はゆうメールもしくはゆうパックで発送いたします。お申し込みいただいてから、平日で1週間程度で事務所から発送予定ですが、時期・冊数・お届け先などによっては、もう少しお時間をいただく場合がございます。


pagetop
応援するには?寄付と会員のご案内 ビッグイシュー基金スタッフブログ 路上脱出ガイド全国各地で作成・配布中 若者をホームレスにしないために 被災地の路上から