応援メッセージ

ビッグイシュー基金を支えてくださる方たちからの応援メッセージです。ひとりひとりの思いが集まって、ビッグイシュー基金の土台が築かれます。

雨宮処凛さん (作家) 【相談役】

雨宮処凛さん (作家) 【相談役】

このたび、ビッグイシュー基金の「相談役」という非常に「偉そう」な役に就かせて頂いた。いいのか? 私なんかが相談役で。という不安は尽きないが、就任したからにはできる限りのことはするつもりだ。特に若者の不安定化、貧困化の問題には様々なアプローチで取り組みたいと思っている。若者をホームレスにさせない社会作りのため、ビッグイシュー基金とともに、何ができるか模索し、実行したい。

故・加藤哲夫さん (せんだい・みやぎNPOセンター元代表理事)

故・加藤哲夫さん (せんだい・みやぎNPOセンター元代表理事)

「いよいよビッグイシュー基金が始まる。雑誌「ビッグイシュー」の一定の成功は、今までのホームレス問題に大きな一石を投じたと思う。就労支援や職業訓練だけではなく、世の中のホームレスに対する見方を変えたことがもっとも大きな成果であろう。さらなる飛躍を期待したい。この国は、研修で出会う公務員の大多数が、憲法25条も99条も知らない美しくない国である。そこから日本を変えようではないか。

故・月川至さん (特定非営利活動法人 出発のなかまの会) 【市民応援会員】

月川至さん (特定非営利活動法人 出発のなかまの会) 【市民応援会員】

私たちは知的障害者の地域での自立生活を支援しています。国連は1981年を国際障害者年と定め、障害者を排除する社会は“もろい社会”であるとのアピールを世界に向け発信しました。21世紀になっても日本は障害者の差別を禁止する権利法すら制定できず、彼らを排除孤立させ続けています。現代の日本においては障害者をはじめ“生きにくさ”をかかえた人々が増え続けています。彼らは社会とのつながりをどこかで切られてしまったのです。社会に再チャレンジできるもうひとつの場としての“プラットフォーム”があちこちにできればと思っています。私たちはビッグイシューが目指している再チャレンジ応援事業を希望の構想として大いに支援したいと思います。

高橋千尋さん 【ボランティア】

高橋千尋さん【ボランティア】

日々販売活動に励んでいらっしゃる販売員のみなさんのお姿から元気を貰っている人は沢山いるはずです。私もその一人です。この基金によって販売員のみなさんがより良い日々を過ごせます事、そして多くの人々がより幸せに過ごせます事、心から願っています。いつも、いつでも応援しています。

pagetop
応援するには?寄付と会員のご案内 ビッグイシュー基金スタッフブログ 路上脱出ガイド全国各地で作成・配布中 若者をホームレスにしないために 被災地の路上から